About: 10200 results

NTPとは? NTPの仕組み含めておおまかに解説 - エンジニアの入り口
https://eng-entrance.com/what-is-ntp
ntpとサーバ負荷. エンドユーザー、つまりクライアントマシンからのNTPをつかった時刻 同期をおこなう場合は、なるべくストラタムの番号の大きなサーバを ...
Network Time Protocol - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/Network_Time_Protoco ...
Network Time Protocol(ネットワーク・タイム・プロトコル、略称NTP(エヌティーピー)) は、ネットワークに接続される機器において、機器が持つ時計を正しい ... 前述の通り NTPは階層構造を採用しているため、負荷分散が行えるように工夫されている。しかし、 NTP ...
4.2.3 ntpdのインストールと設定 - IPA
https://www.ipa.go.jp/security/awareness/administr ...
... 複数台設置されており、仮にこれを1次NTPサーバーとすると、それを参照する複数台 の2次NTPサーバーがあり、さらに3次NTPサーバーがある(Fig. 4.2参照)。このように 階層構造を用いることで、時刻同期の負荷分散が可能な仕組みをNTPは採用している。
公開NTPサーバーの 運用と課題
http://enog.jp/wp-content/uploads/2017/10/20171027 ...
2017年10月27日 ... 2015/4頃:新NTPシステムの検討開始. 2015/12頃:新NTPシステム運用開始. 対外 接続ルータの直下にロードバランサ(2台)と. NTPサーバー(4台)を設置し、サービス用の 2つ. のIPv4アドレスに対するNTPトラフィックを負. 荷分散.
ご存知、NTPとやらがサーバーの時間を整えている仕組み。 | 東京のWeb ...
https://liginc.co.jp/464201
2019年5月31日 ... 上記のことからNICTが提供しているNTPサーバー(ntp.nict.jp)を設定してしまいたくなる のですが、それはNTP本来の考え方からすると推奨されません。 NTPはStratumと 呼ばれる階層構造を持ち、負荷分散が考えられています。Stratum0はいま ...
NTPによる時刻合わせについて
http://www.nihira.jp/cyber/ntp.html
この負荷分散する為に NTP の世界でもツリー構造による管理がなされています。世界 各地の第一階層 NTP サーバ(GPS時計、原子時計などを用いている最も上位となる サーバ。stratum 1)から、第二階層 NTP サーバ(stratum 2)、そして NTP クライアントへ と ...
KDDI Cloud Blog | 大規模システムにおける時刻同期について
http://cloudblog.kddi.com/kcps/3834/
2016年3月14日 ... NTPのソフトウェアには、同期する時刻にアクセスの遅延を考慮する機能が備わって おりますが、時刻のズレにつながる要因は極力無くすという方針をとっています。また、 遅延を少なくすることだけでなく、NTPクライアントからのアクセス負荷分散 ...
NICT公開NTP FAQ - 日本標準時(JST)グループ
https://jjy.nict.go.jp/tsp/PubNtp/qa.html
なお、「NICT公開NTPサーバ対応クライアント」は、設定を変更することなく、 そのまま 日本標準時に同期することができます。 ... で NTP サーバを運用し、 当機構の NTP サーバを代替サーバリストに加えた方がネットワーク全体の負荷分散を図ることができ ます。
福岡大学 | 導入事例 | A10ネットワークス ロードバランサ ...
https://www.a10networks.co.jp/case/education/csfuk ...
また同大学はNTP サーバーを1993 年より公開していることでも世界的に著名です。 現在多くの機器やソフトウェアが同大学に設置されたNTPサーバーを参照するよう設定 されていますが、世界中からアクセスの集中するこのNTPサーバーに対する負荷分散 ...
“DoS攻撃並み”のトラフィックでまひ寸前! 福岡大学NTPサービスの悩み ...
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1907/10/ne ...
2019年7月10日 ... このときは、当時の福岡大学ネットワーク管理者が掲示板で負荷分散を呼び掛け、 いったんは問題を回避できたかに見えました。 しかし残念ながら、その後もトラフィックは 増え続けています。特に今問題となっているのは、日本国内ではなく海外 ...