About: 8640000 results

EP4においてベアトリーチェが戦人に言った「右代宮明日夢の子で ...
http://echsil-umineko.sblo.jp/article/49656430.htm ...
しかし、後のEPで、『戦人の罪』とは『戦人に恋をする少女との約束を忘れて しまった』ことだと明かされ、しかもEP6において雛ベアトがバトラを指して「 私はお父様(バトラ=戦人)のために生まれてきました」と言っていることから 、 ...
右代宮戦人 (うしろみやばとら)とは【ピクシブ百科事典】
https://dic.pixiv.net/a/右代宮戦人
右代宮戦人とは、07th_Expansionの作品『うみねこのなく頃に』の登場人物。 プロフィール |^年齢|18歳| |^性別|男| |^誕生日|7月15日| |^血液型|O型| |^序列|第8位 | |^声|小野大輔| 人物 大富豪右代宮一族の一員。右代宮留弗夫の息子。 うみねこの  ...
うみねこのなく頃にの右代宮戦人の六年前の罪って何なんですか ...
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_ ...
だが戦人は親の再婚を理由に島に来なくなり、 6年振りに島に来たら約束(冗談 )をすっかり忘れていたので、 ベアトリーチェは戦人は6年前に罪を犯した 裏切り者だと言います。 1人がナイス!しています.
6年前の約束の真実 - たまにはね
https://gultonhreabjencehwev.jimdofree.com/2013/04 ...
2013年4月12日 ... 6年前の紗音との約束を、戦人は本当に忘れていたのでしょうか?私は違う んじゃないかなと思います。そのシーンを振り返ってみましょう。 「紗音ちゃん は、いつまで使用人を続ける気なんだ」. 「……わかりません」.
考察投稿抜粋/戦人は紗音との約束を守っていた : うみねこのなく頃 ...
http://umineco.info/?考察投稿抜粋%2F戦人は紗音との約束を守っていた
2010年8月17日 ... 戦人から紗音への手紙がほんとうにあったとしたら 「まだあの時の約束を果たす 気があるのなら連絡をくれ。 連絡がないならもう諦めてこのことは綺麗に忘れる 。」 みたいな内容だったのかね?こんな感じなら戦人が ...
右代宮戦人とは (ウシロミヤバトラとは) [単語記事] - ニコニコ大百科
https://dic.nicovideo.jp/a/右代宮戦人
右代宮戦人とは、竜騎士07及び同人サークル07th Expansion作のサウンドノベル 、「うみねこのなく頃に」シリーズの主人公。 ... 磔となったまま無限のカケラを 巡り、真相を知った戦人は遂に煉獄山の頂上へと至る。 ... 色んな説や考察があっ て幾子の正体はベアトじゃないとか言われてるが個人的にはその真実と結末が一 番嬉しいなエンジェのとこに戻るって約束もかなり遅れたがちゃんと守ってるし  ...
『うみねこのなく頃に散 Episode7:Requiem of the golden witch 5巻 ...
https://bookmeter.com/books/7691703
いよいよ明らかになる主人公・戦人の罪。こうなると、序盤の抒情部分の中心で あった譲治と紗音の恋愛さえもまた、ミスリードであったのかと驚かされます。 また、こういったもののヒロインは純情一途というお約束も利用しているので ...
【漫画版】6年前の約束【うみねこ散Ep7】 - ニコニコ動画
https://www.nicovideo.jp/watch/sm22513758
2013年12月23日 ... 【漫画版】6年前の約束【うみねこ散Ep7】 [ゲーム] 漫画版 うみねこのなく頃に 散 Epsode7 27話「求めた答え」右代宮戦人 12歳紗音 10歳(13歳...
考察その 10.5 - 戦人の罪 - うみねこ考察日記 ― 黄金色の手紙 ― | SS ...
https://usarabi-umineko.blog.ss-blog.jp/2010-04-28 ...
2010年4月28日 ... そして、戦人の罪とは お母様の あなたは今日より、悪戯をするだけの、六軒島の 亡霊ではありません。 あなたは今日より、この島の主となりて、彼が約束を 果たす日まで帰りを待ち続けるのです。 という言葉、 そして、嘉音 ...
うみねこのなく頃にの登場人物 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/うみねこのなく頃にの登場人物
幼い頃に交わした、戦人との再会の約束を信じて待ち続けていたが、それが果た されないと知り、その想いを切り離すことになる。 1984年に碑文を解読しており 、金蔵から次期当主の座を継ぎ、それと同時に金蔵が大往生したため、その瞬間  ...