About: 346 results

マリアージュソルシエール (まりあーじゅそるしえーる)とは ...
https://dic.pixiv.net/a/マリアージュ・ソルシエール
マリアージュソルシエールとは、同人サークル07thExpansionの作品『 うみねこのなく頃に』に登場する一部キャラが所属する同盟。 概要 原初の魔女 マリア卿と無限の魔女ベアトリーチェ>ベアトリーチェ(うみねこのなく頃に)の2 名 ...
マリア卿 (まりあきょう)とは【ピクシブ百科事典】
https://dic.pixiv.net/a/マリア卿
... が表された。 本編ストーリーにおいては、ぬいぐるみのさくたろうがその力で 生命を与えられた……とされている。 魔法によって世界を幸せで満たすことを 喜びとし、その一環としてマリアージュソルシエールなる魔女同盟を結成した 。
マリアージュソルシエールについて - FC2
http://syara101.web.fc2.com/newpage62.html
そしてベアトリーチェは、マリアージュソルシエール魔女同盟に所属していた 。その同盟の、もうひとりの魔女を、私は酷く傷つけた。魔法なんて存在しない と傷つけた。 ここから縁寿・真理亜以外の誰かが同盟に所属していと考えられる  ...
うみねこのなく頃に出てくるマリアージュソルシエールについて ...
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_ ...
2009年10月10日 ... 同盟自体の設定はEP5以降も生きているものと考えられます。 留弗夫と楼座が 連絡をとったシーンでは、EP4と同様文中にさくたろうが登場します。 楼座 ...
考察投稿抜粋/マリアージュソルシエールと物語構造について ...
http://umineco.info/?考察投稿抜粋%2Fマリアージュ・ソルシエールと物語構造につ ...
2009年12月7日 ...マリアージュソルシエールと物語構造について】. 以下の文章は、 マリアージュソルシエールの実体について考えてみることを主軸に据えて、 そこに様々な細かい仮説を組み合わせて、物語の外殻構造の一例を形にして ...
うみねこのなく頃にの登場人物 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/うみねこのなく頃にの登場人物
うみねこのなく頃にの登場人物では、同人サークルである07th Expansion によって製作された同人ゲーム、『うみねこのなく頃に』『うみねこ ... 息子の 譲治をいずれ当主にしようと考えているため、譲治と使用人である紗音が交際 することを良しとしていない。 ... 幼い頃にマリアから魔法の手ほどきを受け、 魔女同盟「マリアージュソルシエール」の一員となったが、さくたろうに対し 魔法を否定する ...
うみねこのなく頃に散 Episode6 Dawn of the golden witch(漫画 ...
https://mangapedia.com/うみねこのなく頃に散Episode6Dawnofthe ...
... パートナーとして付き合っていた。前妻である明日夢に留弗夫を寝取られたと 考えており、今でも憎んでいる。 ... 優秀な魔女であり、魔女同盟「マリアージュソルシエール」を結成した人物でもある。人々を幸福にする魔法を生み出した  ...
うみねこのなく頃に散 Episode7 Requiem of the golden witch(漫画 ...
https://mangapedia.com/うみねこのなく頃に散Episode7Requiemof ...
理御に次期当主の座を奪われた形になっているが、本人はその分自由に生き られると考え、歓迎している。 ... 優秀な魔女で、ベアトリーチェとともに魔女 同盟「マリアージュソルシエール」を結成し、ロノウェやガァプなどに名を 付けた。
EP5の世界設定について ~1986年に生存しているさくたろう ...
http://uminekoppan.blog.jp/archives/35712739.html
2015年7月1日 ... まず、真里亞は縁寿をマリアージュソルシエールから破門し、さくたろうを 破壊されてから「黒き魔法」を ... そしてこれを逆に考え、「ベアトリーチェの 動機に戦人への恋心が無い」ことの理由として「ベアトリーチェに戦 ...
マリアージュソルシエール - アメブロ
https://ameblo.jp/ringo1969/
少しずつUPしつつ、HD内整理していきたいと思います。 そして写真的に反省 もしていきたいです。 モデルさんは、さなかさんが続きますがお許しください。 マリアージュソルシエール. この頃はFの意味も分からず、光も考えず、背景 ...