About: 6120 results

ローカル索引パーティションの再作成について
https://docs.oracle.com/cd/E57425_01/121/VLDBG/GUI ...
ALTER INDEX または ALTER TABLE を使用し、次のようにしてローカル索引を 再作成します。 ALTER INDEX REBUILD PARTITION / SUBPARTITION. この文 では、索引パーティションまたはサブパーティションが無条件に再作成されます 。
グローバル索引パーティションの再作成について
https://docs.oracle.com/cd/E57425_01/121/VLDBG/GUI ...
グローバル索引パーティションは、2つの方法で再作成できます。 ALTER INDEX REBUILD PARTITION 文を発行して各パーティションを再作成する方法(再作成は 同時に実行できます)。 グローバル索引全体を削除して再作成する方法。
索引パーティションの再作成について
https://docs.oracle.com/cd/E57425_01/121/VLDBG/GUI ...
次に、索引パーティションを再作成する理由をいくつか示します。 領域の リカバリおよびパフォーマンスの向上. メディア障害により破損した索引 パーティションの修復. SQL*Loaderまたはインポート・ユーティリティを使用し て基礎となる表 ...
ALTER INDEXを使用したパーティションの再作成
https://docs.oracle.com/cd/E57425_01/121/VLDBG/GUI ...
ALTER INDEX REBUILD PARTITION 文によって、索引の1つのパーティションが 再作成されます。これは、コンポジット・パーティション表には使用できません 。このコマンドで再作成できるのは実際の物理セグメントのみです。索引を再 ...
パーティションのメンテナンス
https://docs.oracle.com/cd/E16338_01/server.112/b5 ...
既存のすべてのビットマップ索引およびビットマップ索引パーティションを削除 するか、 UNUSABLE とマークします。 表圧縮属性を設定します。 索引を再作成 します。 これらの処理は、 ...
パーティションを修正する2つの簡単な方法 - MiniTool Partition Wizard
https://www.partitionwizard.jp/partitionmanager/pa ...
方法2:MBRの再構築; 結語. パーティションはシステムファイルとデータを格納 するのに使うハードディスク上の領域です。しかし、ある日パーティションに ...
MBRの再構築方法| MiniTool Partition Wizardのチュートリアル
https://www.partitionwizard.jp/help/rebuild-mbr.ht ...
MBRの再構築について. MBR(マスターブートレコード)は、ブートローダや パーティションテーブルなどが記録されているハードディスクの先頭セクタです 。 パソコンの起動時にブートローダはBIOSによって呼び出され、ブートローダが  ...
破損したMBRディスクを再構築する方法 - EaseUS®|データ復旧
https://jp.easeus.com/partition-manager/rebuild-br ...
EaseUS Partition Masterで破損したMBRをリビルド・再構築. Partition Master. 機能一覧. パーティションを作成 · MBRをGPT/GPTをMBRに · パーティションの ...
津島博士のパフォーマンス講座 第43回 パーティションについて(3 ...
https://blogs.oracle.com/otnjp/tsushima-hakushi-43
2015年1月14日 ... ただし、ローカル索引については、内部的に再構築が実行されるので、DMLが 実行されないときに行うようにしてください。 SQL> ALTER TABLE tab1 MOVE PARTITION p01 UPDATE INDEXES;. 索引構成表については、 ...
SQL Server パーティション構成したDBで断片化の状態によって ...
https://qiita.com/mkawanee/items/69f0157068d9d6482 ...
2019年7月30日 ... SQL Server パーティション構成したDBで断片化の状態によってインデックスを 再構成または再構築する方法(再構築はオンラインで実施). SQLServer. 2. More than 1 year has passed since last update.