About: 46 results

チドセセー - ひつじ小屋別館
https://littleprincess.sakura.ne.jp/pukiwiki/index ...
2015年9月21日 ... ... 呪いによって死亡。まさに自業自得の末路を迎えた。 死体と共に遺品の日記を 発見して読んだシィルは沈痛な表情となり、ランスも一気に不快感を爆発させて 、ミイラ化したチドセセーの死体を容赦なく蹴り飛ばしている。
Comments/リズナ・ランフビット - ひつじ小屋別館
https://littleprincess.sakura.ne.jp/pukiwiki/index ...
2020年8月16日 ... いや、チドセセーの腕ではなく、リズナの体質がそもそも穴奴隷としての逸材 だっただけ。 チドセセーは馬鹿にも調教中に妊娠させて、強制的に堕胎させ、 妊娠機能奪った下手くそだから。 -- 2014-06-12 (木) 07:14:57.
リズナ・ランフビット -Rizna Lanfebit- - ひつじ小屋別館
https://littleprincess.sakura.ne.jp/pukiwiki/index ...
最後にはチドセセーの子を身篭るが、発覚するなり殴られて流させられてしまい 、そのせいで2日後にはおかしくなり、2週間程で飽きられて棄てられてしまった 。 淫乱に調教されたあげく置き去りにされておかしくなっていたところにプチ ...
下級使徒 - ひつじ小屋別館
https://littleprincess.sakura.ne.jp/pukiwiki/index ...
... 戯骸(2) · ハニーキング(2) · Rance IV ストーリーダイジェスト(2) · ベゼルアイ(2) · ランス城(2) · 地獄(2) · リック・アディスン(2) · シィル・プライン(2) · ルイス・ キートワック(2) · 聖女の子モンスター(2) · シィル(2) · 第二部(2) · チドセセー(2).
玄武城 - ひつじ小屋別館
https://littleprincess.sakura.ne.jp/pukiwiki/index ...
チドセセーは帰還目的で洞窟を目指し、途中で狐の嫁入りに遭遇して果てたが、 過去出口が存在したのかは不明。一応ランスは洞窟から外へ脱出する別ルートを 確認しているが、これは見えない障壁で防がれており、チドセセーはその確認を  ...
景勝 (かげかつ) - ひつじ小屋別館
https://littleprincess.sakura.ne.jp/pukiwiki/index ...
2019年2月12日 ... 玄武城に囚われ再三に渡り男に騙されては玄武城に置き去りにされ、7人目に城へ 来た冒険者のチドセセーからは徹底的な穴奴隷としての調教と肉体改造をされた 状態で捨てられ、精神に異常をきたし壊れかけていたリズナを ...
Comments/チドセセー - ひつじ小屋別館
http://littleprincess.sakura.ne.jp/pukiwiki/index. ...
Comments/チドセセー. チドセセー. クズだがこいつの調教のおかげでメディウサ の攻めでリズナが死ななかったんだよな。てかこいつどんな調教したんだ。 -- 2018-03-02 (金) 12:44:01; どうしようもないクズ。確かにこいつの調教でリズナ は ...
景勝 (かげかつ) - ひつじ小屋別館
http://littleprincess.sakura.ne.jp/pukiwiki/index. ...
2019年2月12日 ... 玄武城に囚われ再三に渡り男に騙されては玄武城に置き去りにされ、7人目に城へ 来た冒険者のチドセセーからは徹底的な穴奴隷としての調教と肉体改造をされた 状態で捨てられ、精神に異常をきたし壊れかけていたリズナを ...
リズナ・ランフビット (りずならんふびっと)とは【ピクシブ百科事典】
https://dic.pixiv.net/a/リズナ・ランフビット
チドセセーなる男(第一章に出てくる池の死体の正体)が現れ、ここから出られ ない状況のリズナに付け込むと、三年に渡ってリズナをいたぶり陵辱しいたぶり 奴隷として調教した。そしてまた置き去りにする。チドセセーに調教されていた  ...
ランスシリーズ怖かったシーン - Togetter
https://togetter.com/li/1322462
2019年2月24日 ... ランスシリーズで一番怖かったところ、私は5Dのチドセセーでした(6のズルキ とかは平気なので怖かったなんかあるんだろうなあ、狐の嫁入り自体がこええよ あれ. 2019-02-20 22:16:39 · HAZUKI @studiohazuki.